マンションの売却時に査定を受ける方法と査定書についての分かりやすい事例

査定方法は2種類あります

査定方法は2種類あります。
机上で行う方法と訪問で行う方法に分けられます。
机上の場合は一括サイトが該当していて、最初に把握できる額面です。
その後に実施される現地での調査が実際の販売額に近いと言えます。
後は依頼する先の違いがあります。
不動産鑑定を利用して額面を知る方法があります。
このケースでは有料になり、不動産鑑定士の資格を有している会社に依頼することです。
15万から30万程度の費用が掛かることが多く、額面は市場価格よりも少し低めになることが多いようです。
普通の不動産会社での査定は無料で利用できます。
会社側は自社を利用してもらうことを期待していることになり、その結果、仲介手数料を利益にできるので、無料にしています。
一括サイトもこの内容に限定されてます。
売り出し価格を決定する際には、必ず査定書というものが作成されています。
普通の不動産会社の場合は、実際には法律で定められた査定書というものはありません。
独自に作成していることが基本になりますが、大体の内容は共通しています。
マンションの場合は築年数と間取、階数や部屋の位置、戸数や外観、立地条件や周囲の環境、共用スペースと専有スペースの状態などを基本としているのですが、最終的に判断される額面は意外と複雑化されていて、本来物件が持っている評価額と周囲の同等の物件の評価額なども反映されてます。
計算式というものもあり、面積と面積当たりの価格、そして流通性比率を掛けた額面が該当しています。

会社次第で数百万円もの差額が生じることが非常に多い査定方法は2種類あります売り出し価格は必ず不動産会社が算定した額面で売るということではない

マンション査定 : マンション査定の方法を知ることがマンションを高く売るポイントにつながる